瀬戸内町立図書館・郷土館
ホーム
利用案内
館内の案内図
図書館暦
移動図書館「かけはし号」
蔵書検索・予約
新着図書
利用照会
インターネット予約利用登録
行事・催し
文化財の紹介
図書館のできごと
郷土誌の海
埋蔵文化財だより
図書館・郷土館の刊行物
リンク
問い合わせ

図書館のできこと

★職場体験学習(平成28年1月25〜26日、2月7〜9日)

 1/25〜26に古仁屋中、2/7〜9に俵中の生徒さんの職場体験学習がありました。かけはし号に乗って各ステーションを巡回したり、本の紹介をしてくれたりしました。

☆俵中の仲山くんの感想☆
 1日目は、フィルムコートや、ディスク修復をしました。
 フィルムコートでは、細かい作業でかなり失敗していたけど、やっていくうちに少しは上手くなりスピードも速くなりました。慣れてきてからは、楽しくなりました。
 ディスク修復では、機械にセットして5枚終わったら液を、追加していきました。
 2日目は、かけはし号に乗って加計呂麻のルートの1つを回りました。
 いつもはかけはし号を利用する側ですが、かけはし号に乗って貸し出しする体験ができてよかったです。配架場所ごとに本を仕分ける仕事が大変だったけど、たくさんの人が本を借りてくれてうれしかったです。また、本を借りてもらうための工夫や、リクエストがあった本を準備したり、かけはし号から帰ってきて予約の確認をしたりしていることを知ることができてよかったです。






《展示コーナーの紹介》
 卒業と入学をテーマにして、コーナーをつくりました。これからの季節にぴったりの卒業や入学に関係する本が10冊以上。アドバイスをもらって選んでみました。おもしろい本、役に立つ本をこのコーナーでも探してみてください。



↑古仁屋中の安君は本を紹介するポップを作ってくれました!




★12月の展示コーナー「クリスマス」(平成28年12月6日)

 図書館・郷土館の玄関にリースとツリーを設置しました!また、クリスマスや冬・雪などの季節の絵本や読み物を集めて展示しています。








★絵手紙同好会作品展示(平成28年11月22日〜12月3日)

 絵手紙同好会の皆さんの作品を約2週間の間、1階玄関ホールにて展示しました。それぞれの方の個性が出ていて、どの作品もすばらしいものばかりです。ありがとうございました!









★秋の読書フェア 〜1日図書館長〜 (平成28年11月3日)

 秋の読書フェアの催しのひとつとして、11月3日に西阿室小の薄井波音くんに「1日図書館長」になってもらいました!薄井くんは、普段移動図書館かけはし号をとてもよく利用してくれているので、今回1日図書館長をお願いしました。
館長として館内の見回りをしたり、日誌の確認をしたり、貸出業務をしてくれました。
 図書館としても一日図書館長は初めての試みでしたが、とてもよいイベントとなりました。薄井くんありがとうございました!










★飲料の館内持ち込みについて

 平成28年11月1日から平成29年3月31日までの期間、試験的に飲料の館内持ち込みをOKとします!
*ただし、水筒・ペットボトル等のような、ふたのある再密閉できるものに限ります。




★秋の読書フェア開催中(平成28年10月25日)

 10月27日〜11月9日の「読書週間」及び11月1日から11月7日の「文化財保護強調週間」に関連して、10月25〜11月13日まで「秋の読書フェア」を開催しております。


☆玄関ホールにて、古本/古雑誌を無料でお譲りする「ブックリサイクル」を行っています!






☆「誰も借りたことがない本展




☆「ネリヤカナヤ創作童話コンクール入賞作品展
瀬戸内町からも3名の児童が入賞しています!おめでとうございます。






☆「図書館員のおすすめ本




☆「郷土館の学芸員が選んだ!ちょっとマニアックな郷土誌




☆「図書館の20年のベストセラー




☆皆さまから寄せられたイチオシの本を紹介する「あなたのおすすめ本コーナー

 その他にも、皆さまの本を図書館の本のようにフィルムでコーティングする「大事な1冊コートサービス」・「一日図書館長」を行います!




★10月の展示コーナー「ハロウィン」(平成28年10月9日)

 毎年恒例のハロウィンの展示を今年も行っています!館内のいたる所にハロウィン飾りをしてあります。ぜひ、図書館にお越しください♪

 










★第4回こども世界自然遺産博士講座(平成28年8月23日)

 「こども世界自然遺産博士講座」第4回目が行われました★
 今回の講座は
  @「動物・植物の名前を聞こう!」  講師:前田先生(芳華園・樹木医)
でした!
 前回は夜の油井岳へ行きましたが、今回は明るい時間の油井岳へ行きました!
植物を中心に、道路を歩いて名前を教えて頂きました。途中ではトゲネズミの死骸をこども達が発見し、ショックでしたがとても貴重な体験となりました。






★第3回こども世界自然遺産博士講座(平成28年8月10日)

 「こども世界自然遺産博士講座」第3回目が行われました★
 今回の講座は
  @「夜の動物に会いに行こう!」  講師:服部先生(東京大学医科学研究所)
                              前田先生(芳華園・樹木医)
でした!
 受講生は車2台に別れ、1チームは高知山側から、もう1チームは網野子峠側から油井岳へ向かいました。途中途中でアマミハナサキガエルや、アカショウビン、シリケンイモリ、ヒメハブなどに出会うことができました。アマミノクロウサギに遭うことはできませんでしたが、大興奮のツアーとなりました。








★第2〜5回としょかん探検隊(平成28年8月3日、10日、18日、25日)

 第2回としょかん探検隊(8月3日)は「七夕かざり作り」をしました。
まずみんなで七夕に関する紙芝居を見てから、それぞれかざりを作りました。






 第3回としょかん探検隊(8月10日)は「貯金箱作り」をしました。
新聞をちぎったものを水につけて作った紙粘土で貯金箱を作りました。初めは紙粘土の独特の手触りに苦戦する子どもたちでしたが、それぞれ思い思いの作品ができました!




 第4回としょかん探検隊(8月18日)は「なぞとき図書館」をしました。
すごろくをしながら問題を解くというゲームをしました。




 第5回としょかん探検隊(8月25日)は「絵手紙をかこう」をしました。
講師の先生に高田弘子さんをお招きし、絵手紙に挑戦しました。お母さんやお父さんに向けて作品を作りました。






 夏休みの開催ということで、毎回たくさんの子どもたちで大賑わいの講座となりました!



★古仁屋高校職場体験学習&第1回としょかん探検隊(平成28年7月26日)

 7月26日〜28日までの3日間、古仁屋高校の生徒さん2名が職場体験学習を行いました。フィルムコートやポップ作りなどさまざまなお仕事に挑戦しました。


(おすすめの本と力作のポップ)


 また、7月27日には、町内の小学生を対象にした講座「としょかん探検隊」の第1回目がありました!「図書館・郷土館館内ツアー」と題して、普段は見ることのできない収蔵庫や閉架書庫などの探検をしました。高校生の二人にも協力していただきました。


(奄美の珍しい動植物に興味しんしんの子どもたち)


(妖怪のおはなしを真剣に聞いています)

 図書館・郷土館のひみつにせまれた講座となりました!




★H28年度 第2回こども世界自然遺産博士講座(平成28年7月30日)

「こども世界自然遺産博士講座」第2回目が、行われました★
 今回の講座は
  @「ノラネコ調査隊になろう!」  講師:横田先生(東京大学医科学研究所)
でした!
はじめに、ノラネコが山に入りノネコになり、奄美の希少生物に被害を与えているということや、それを防ぐためにノラネコ調査とTNR(ノラネコの不妊化)を行っているということなどを学びました。
 次回代3回目の講座は8月10日(水)「夜の動物に会いに行こう!」です!
晴れますように・・・(^^)♪

★貸出冊数の上限が変わります(平成28年7月9日)

 平成28年7月9日(土)から貸出の上限が、5冊から10冊になります。

 10冊のうちCDは3点まで(中学生以上)、雑誌は5冊までとします。貸出期限はこれまでと同じ2週間です。
 なお、期限を過ぎた資料があるときには、貸出ができませんのでご注意ください。




★H28年度 第1回こども世界自然遺産博士講座(平成28年6月19日)

  5月に募集致しました、「こども世界自然遺産博士講座」の第1回目が行われました!(^^)!
初回講座は、
  @「世界自然遺産ってなんだろう?」  講師:木元先生・牧野先生(奄美野生生物保護センター)
  A「ハブについて知ろう!」        講師:服部先生(東京大学医科学研究所)
の2つでした!
奄美の自然がなぜ貴重なのかということや、世界遺産についての説明を受けました。また、実際のハブを見てハブの生態や特徴について学びました。
 次回第2回目の講座は7月30日(土)です!途中受講希望者も受け付けておりますので、図書館・郷土館までご連絡ください。




★自動販売機設置しました! (平成28年6月17日)

 玄関ホールに自動販売機を設置しました。梅雨が明け、これからの季節ますます暑くなってきますので、水分補給にお役立てください。また、図書館・郷土館内は飲食禁止になっていますので、ご利用は玄関ホールにてお願いいたします。




★花の日 (平成28年6月15日)

 毎年恒例のかな保育園による「花の日訪問」がありました。これは、かな保育園の行事のひとつで、日頃お世話になっている人たちに感謝するというものだそうです。とってもかわいいお花をいただきました♪ありがとうございます。




★みどりの募金寄贈図書 (平成28年6月7日)

 みどりの募金で購入した図書をいただきました!
森林に関連する7冊です。貸し出しもしていますので、手にとってみてください。




★新着図書のお知らせ! (平成28年6月5日)


 一般書25冊、絵本・児童書23冊の本が届きました!





【一般書のおすすめ】

 ●『「暮らしの手帖」とわたし』 大橋 鎭子
 昭和の名編集者、花森安治とともに『暮しの手帖』を作り続けた大橋鎭子。社長、モデル、編集者…。いつだって体当たりだった波瀾万丈の90年間をつづった自伝。

 ●『サブマリン』 伊坂 幸太郎
 陣内さん、僕たち、挽回できますか? 「チルドレン」から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。書き下ろし長編小説。

【絵本・児童書のおすすめ】

 ●『このあとどうしちゃおう』 ヨシタケ シンスケ
 死んだおじいちゃんの部屋を掃除していたら、「このあとどうしちゃおう」と書かれたノートが出てきて…。死んだらどうなる? どうしたい? 生きてる間に考えよう! ヨシタケシンスケの発想えほん第3弾。

 ●『ワンダー』 R.J.パラシオ
 生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳で学校に通うことになったが、生徒たちは彼の顔を見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて避けるようになる。一方で、オーガストの話を面白がる同級生は少しずつ増えていき…。



★こども読書フェスタ (平成28年4月23日)


 「こども読書の日」に関連し、4/23(土)に「こども読書フェスタ」を開催しました。

 まず、午後2時から「春のおはなし会」をおこないました。館長のあいさつの後、大型絵本やストーリーテーリング、ペープサートなどをしました。いつもよりたくさんの種類のおはなしに、楽しそうに聞き入っていました。


(おはなし会のようす1)


(おはなし会のようす2)


(おはなし会のようす3)


(おはなし会のようす4)


 次に、午後3時から「図書館クイズ大会」をおこないました。本の問題や奄美の問題など全部で5つ出題しました。小学生をはじめ、小さい子どもたちも保護者の方と一緒に挑戦してくれました。全問正解した参加者には、特製のしおりをプレゼントしました。


(図書館クイズ大会1)


(図書館クイズ大会2)


(図書館クイズ大会3)


(図書館クイズ大会4)

 そのほかにも、三寿会文庫の展示やブックリサイクルも合わせておこないました。(こちらは5/8まで開催中です。)たくさんの方に楽しんでいただくことができ、良いイベントになりました!



★西阿室小学校からいただきました(平成28年3月24日)

 3月23日(水)の移動図書館の巡回にて西阿室を訪れた際に、西阿室小の子どもたちからお野菜をいただきました。
 なんと学校で子どもたちが育てたお野菜だそうです!すごい!
 「いつもありがとうございます」と言ってもらえて、とってもうれしかったです。
 西阿室小の皆さん、こちらこそありがとうございます!
 これからも、かけはし号をよろしくお願いします。

 
 【いただいたお野菜】



★新着図書のお知らせ!(平成28年3月11日)

 一般書33冊、絵本・児童書7冊の本が届きました!






【一般書のおすすめ】

 
●『百歳の力』 篠田 桃紅
 百歳を過ぎた今でも現役で活動を続ける美術家・篠田桃紅が、年齢に関係なく、いつまでも第一線で活躍するための秘訣を語る。

 
●『おかんメール 2~4』 
 母の愛と破壊力に満ちた“爆笑”メッセージ集。娘や息子に宛てた心温まるメール、面白いメール、ありがた迷惑メールなどを紹介。

 ●『戦場のコックたち』 深緑 野分
 2016年「本屋大賞」のノミネート作品。
 内容:誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く、青春ミステリ長編。

【絵本のおすすめ】

 
●『たべもんどう』 鈴木 のりたけ
 ダジャレ、回文、早口言葉…。たべものたちと言葉あそびをたのしもう!
 大人もおもわずニヤリとしてしまう、しかけがあります!

 その他にも面白そうな図書がまだまだあります。ぜひ図書館に足を運んでみてください♪

                                                        ページ上部へ戻る



★山田洋次児童文庫に新しい本が届きました!(平成28年3月8日)

 安曇野ちひろ美術館さまより、山田洋次児童文庫に多くの本が贈られました。今年もなんと、81冊もの絵本・児童書等をいただきました。ありがとうございます。

 山田文庫の前のテーブルにて展示しておりますので、ぜひご覧ください。
もちろん貸し出しOKです!







                                              ページ上部へ戻る

★ホームページの更新について (平成28年3月3日)

 長らくホームページを更新できず、皆さまにご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした。これからは、新着図書や催しなどのお知らせをどんどん発信していきますので、よろしくお願いいたします!



★日本経済新聞が加わりました! (平成27年9月4日)

 新聞コーナーで取り扱っている日刊紙は、「朝日新聞」「奄美新聞」「南海日日新聞」「南日本新聞」「読売新聞」の5紙でしたが、9月4日(金)から新たに「日本経済新聞」が加わりました。

 ※新聞コーナーは、図書館の中央部(雑誌架の横)にあります。場所がわからない時には、カウンターにたずねてください。



★夏休みこども塾A「戦争体験を聞こう」 (平成27年8月14日)

 8月12日(水)に図書館・郷土館夏休みこども塾「戦争体験を聞こう」を開催しました。
18名の参加がありました。

 今年は戦後70年の節目の年ということもあり、東三枝子さん、福澤徳代さん、花立弘子さんの3名の方をを講師にお招きし、戦中戦後についてお話していただきました。

 当時それぞれ、東さんは瀬戸内町・大阪・鹿児島で、福澤さんは清水集落で、花立さんは朝鮮半島で過ごされていたそうです。貴重な体験談を聞くことができました。

 



 【東さんのおはなし】


 【福澤さんのおはなし】


 【花立さんのおはなし】


 【質疑応答】



★夏休みこども塾@「みんなでつくろう!いろいろなかめん!!」 (平成27年8月11日)

 8月6・7日に図書館・郷土館夏休みこども塾「みんなでつくろう!いろいろなかめん!!」を開催しました。

 11月の国民文化祭「仮面の世界in奄美」まであと100日ということで、展示用の仮面づくりをしました。

 粘土で作った型にあわせて紙を貼り重ね、いろいろな形の仮面を作りました。





 仮面を作った後は、諸鈍型・油井型それぞれ好きなタイプの顔を描いてもらいました。








 最後に自分で顔を描いた仮面をつけて記念撮影をしました。





 国民文化祭がとても楽しみです。



★第24回大島地区読書指導者等研修会 (平成27年8月8日)

 平成27年7月23日(木)に瀬戸内町役場4階にて、第24回大島地区読書指導者等研修会が開催されました。
町内外から多くの方が参加してくださいました。

午前は「子どもを育てる読書の環境づくり」と題し、東京学芸大学非常勤講師の渡辺暢惠先生に講演をしていただきました。
学校図書館のあり方を中心に、取り組みや読書指導について具体的なお話をしてくださいました。


【講演会@】


【講演会A】


午後からは事例発表と実技演習がありました。
事例発表では、嘉鉄小学校、古仁屋中学校、町立図書館のようすについて発表がありました。


【事例発表】


【事例発表:質疑応答】

実技演習では、渡辺先生によるブックトークの実演の後、それぞれ実際にブックトークに挑戦しました。


【渡辺先生による実演】


【参加者同士でブックトークに挑戦@】


【参加者同士でブックトークに挑戦A】

とても充実した研修会になりました。

                                                         ページ上部へ戻る

★「毎月23日は子どもといっしょに読書の日」ポスター巡回展
                                                   (平成27年7月8日)

 鹿児島県図書館協会では、「毎月23日はこどもと一緒に読書の日」と定めて、読書活動をすすめています。その啓発ポスター(原画)巡回展が瀬戸内町にやってきました!

  場所: 図書館・郷土館 2階ロビー
  期間: 平成27年7月8日(水)〜7月30日(木)







 こどもたちの想像力豊かな、すばらしい作品をぜひご覧ください!



★花の日 (平成27年6月17日)

 「花の日」ということで、かな保育園の園児さんから、かわいいお歌とお花のプレゼントをいただきました!これは、かな保育園の行事のひとつで、日頃お世話になっている人たちに感謝するというものだそうです。




●いただいたお花は、現在カウンターと閲覧コーナーのテーブルに飾ってあります!


 お礼として、こちらからは絵本「おこりんぼうの王さま」の読み聞かせをしました。




 また、6/14にボランティアグループ・図書館友の会さんが、おりがみで制作したあじさいもカウンターに飾ってあります。





 お花を飾ると気持ちまで明るくなりますね♪


                                                ページ上部へ戻る



★第1回目図書館探検隊!(平成27年6月6日)

 今年度第1回目の「図書館探検隊」がありました!
図書館探検隊は、子どもたちに図書館・郷土館の使い方を知ってもらったり、アニマシオンを通して楽しく物語に親しんでもらったりする講座です。

 まずは恒例の館内の見学をしました。


●学習室


●山田洋次児童文庫


●郷土館


 つぎに自己紹介として名刺交換のゲームをしました。



 通っている学校や学年が違うこどもたち。初対面で緊張しているようすでしたが、
みんなしっかりごあいさつしていました♪

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 今年は去年よりも多くの申込みがありました。ありがとうございます。
みなさん、これから約1年間よろしくお願いします!




★こども読書フェスタ開催しました!(平成27年5月2日)

 ゴールデンウィークのはじめ、5月2(土)に「こども読書フェスタ」を開催しました。
このイベントは、4月23日の「こども読書の日」や5月1日〜14日「こどもの読書週間」にあわせ、
毎年おこなっている行事です。
 内容は、おはなし会昔あそびこども映画会ブックリサイクルをおこないました!

 多くの子どもたちが参加してくれたおかげで、にぎやかで楽しいイベントとなりました。職員一同、大変うれしく思っています♪


●子ども映画会


●昔あそび(射的)


●昔あそび(けん玉)


●昔あそび(コマ回し)


●昔あそび(スマートボール)


●おはなし会


●おはなし会

                                                ページ上部へ戻る




★山田洋次児童文庫に新しい本が届きました!(平成27年4月25日)

 安曇野ちひろ美術館さまより、山田洋次児童文庫に68冊の本を寄贈していただきました。


 ●仲間に加わった本たち@


 ●仲間に加わった本たちA


 ●仲間に加わった本たちB


 山田文庫に立ち寄って、どんどん手にとってみてください!

                                                ページ上部へ戻る



★としょかん探検隊(イルカ&クジラ見つけ隊!) 平成27年3月8日(日) 

 今年度さいごの図書館探検隊の活動として、3月8日(日)にクジラを探しに行きました!

 その日は「奄美イルカ・クジラ協会」の一斉調査も行われ、会長の興さんが講師として参加してくださいました。


 2艘にわかれて出発!







 ブローを確認することができたものの、なかなか姿が見えません…

 子どもたちが歌ったり、くじらに呼びかけたりしながら待っていると、

 ついに発見!大ジャンプを何度も見せてくれました!






 子どもたちにシマの良さを感じてもらう貴重な体験ができ、良い締めくくりになったと思います。
1年間ありがとうございました!

【追記】
 図書館にはクジラの絵本やクジラのくらしについて書かれた本もあります!
クジラのことがよりいっそうわかります♪



                                                ページ上部へ戻る



 ★職場体験学習 平成27年1月27日(火)〜29日(木)

 古仁屋中2年生の3名が職場体験学習を行いました。

1月27〜29日の3日間の日程で、古仁屋中学校の生徒3名が職場体験を行いました。
蔵書点検やフィルムコートなどの作業に、一生懸命取り組んでくれました。










★らくご笑クササイズ(ホリデーくらぶ) 平成27年1月13日(火)

  1月13日(火)に図書館・郷土館2階にて、「らくご笑クササイズ」を開催しました!

  講師として、落語家・金原亭龍馬さんとプロデューサーのぬのむらアツシさんのお二人をお招きしました。
  まずはじめに、ぬのむらさんから、落語の歴史や江戸の文化、笑いの効能について解説がありました。その後、真打の落語家・金原亭龍馬さんに落語を2席演じていただきました。
  プロの落語が聞ける貴重な機会ということで、会場は多くの方でにぎわいました!








                                                ページ上部へ戻る

★2014年12月展示コーナー!(クリスマス)


 クリスマスに関する図書の展示をしています。絵本が中心ではありますが、イルミネーションの本や小説も一緒に展示していますので、一般の方もぜひご覧ください。
 また、それに合わせて玄関ホールにツリーをたてました!館内も少〜しクリスマスの装いになっています。ご来館の際に楽しんでいただけたら幸いです♪









★図書館・郷土館まつり


10月27日から11月9日までの「読書週間」及び、11月1日から7日までの「教育・文化週間」に関連して、11月23日(日)に図書館・郷土館まつりを開催しました。

午前中は、ブックフリーマーケット ・ おはなし会がありま した。


 ●埋蔵文化財分布調査報告


 ●ブックフリーマーケット


 ●おはなし会1


 ●おはなし会2


 ●おはなし会3

午後からは、「仮面をつくろう ・ 講演会「奄美妖怪ワールド〜〈あちら側〉のはなし」 ・ 思い出の一冊〜フィルムコートサービス〜 がありました。


 ●かめんづくり1


 ●かめんづくり2


 ●かめんづくり3


 ●かめんづくり4


 ●かめんづくり5


 ●かめんづくり6


 ●かめん展示1


 ●かめん展示2


多くの方のご参加のおかげで、とても楽しいイベントになりました!ありがとうございました。

また、現在、作製した仮面を階段の手すりに沿って展示しています。こどもたちの力作をぜひご覧ください。



★夏休みこども塾

 夏休みをいかして「ヤコウガイ細工と歴史」「紙飛行機を飛ばそう」「みんなでつくろう海の中」の3つの講座を開きました。

紙飛行機を飛ばそう(平成26年8月13日(水))
 一般的なものからやり飛行機、いか飛行機、ツバメ飛行機など、様々なタイプの折り方に挑戦しました!
試行錯誤を繰り返し、それぞれ自分にあった紙飛行機ができました。




みんなでつくろう!海の中(平成26年8月27日(水))
 まず、海や水辺に住む生き物の絵本を読み聞かせをし、イメージをふくらませた後に、絵をかいて海の中を表現しました。カクレクマノミやハタタテ、金魚の群れやジンベエザメなど、図鑑を参考に一生懸命描いていました。仕上げに蛍光塗料で色をつけたので、ブラックライトをあてると描いた絵が光り、その様子に子どもたちもとても喜んでくれました。
 1階の玄関ホールにて展示をしていますので、来館される際はぜひご覧ください。












★図書館探検隊

 図書館・郷土館では、子どもたちに図書館・郷土館の使い方を知ってもらったり、物語に親しんでもらったりするために、「図書館探検隊」という講座を開講しています。

第1回目(6月7日)
図書館・郷土館を探検しました!
まずは2階の郷土館から。この日は特別に普段は見ることのできない「研究室」や「収蔵庫」にも入りました。

●展示物に興味津々の子どもたち




●収蔵庫見学の様子





続いて1階で「移動図書館」「作業室」「閉架書庫」を見学しました。

●閉架書庫の様子





第2回目(7月5日)
 新聞記事調べ&本探しゲームをしました。
 新聞記事調べでは、自分の生まれた日の新聞を読み、気になった記事やその日の天気などを調べました。

●新聞記事を調べている様子



 本探しゲームは、暗号で書かれた本のタイトルを推理して探すというものです。
それぞれのチームで協力し、利用者端末を使って探しました。

●本探しの様子







第3回目(8月2日)
 『かばんうりのガラゴ』のアニマシオンと七夕の短冊作りをしました。
 アニマシオンとは、さまざまな方法を使って読書の楽しさを伝え、子どもたちが生まれながらに持っている読む力を引き出そうとする読書指導法のことです。
 今回はおはなしの内容に関するクイズをしました。

●アニマシオンの様子



 次に七夕についてのおはなしをいくつか聞いた後、短冊作りを行いました。

●紙芝居の様子


●短冊作りの様子


●飾り付けの様子






★2014年7月展示図書コーナー!

 7月19日(土)に図書館開館20周年を記念して、瀬戸内町出身のSF作家・藤井太洋さんによる講演会があります。
 そのことに関連して、古今東西のSF作品を集めたコーナーを設けています!ぜひ、この機会に様々なSF作品に挑戦してみてください。





★2014年6月展示図書コーナー!

 展示図書コーナーでは、平成26年度版「鹿児島の高校生が薦める本」の展示をしています!「鹿児島の高校生が薦める本」は県立図書館がまとめたもので、県内の高校生が中高生におすすめする本を紹介したものです。

 選者と同年代の高校生はもちろんのこと、中学生から一般の方まで幅広い年代の方々におすすめです。(※中高生については、「鹿児島の高校生が薦める本」のパンフレットに対象時期が載っていますので、それを参考に本を選ぶといいかもしれません。)

 小説が中心となっていますが、さまざまなジャンルの本がおすすめされていますので、今の気分にぴったりの1冊に出会えるかもしれませんよ!

 また、現在、「本屋大賞受賞作品」と「村岡花子さん」のコーナーも設けています!そちらの本もぜひ手にとってみてください。





★こども読書フェスタ!(平成26年5月3日)

 4/23〜5/12の「こどもの読書週間」に関連して、5月3日(土)に「こども読書フェスタ」を開催しました!
 「おはなし会」「新聞紙リサイクル工作」「こども映画上映会」を中心に、ブックリサイクルや三寿会文庫の展示もあわせて行いました。

●おはなし会のようす1

●おはなし会のようす2


●おはなし会のようす3


●おはなし会のようす4


●リサイクル工作のようす1


●リサイクル工作のようす2


●リサイクル工作のようす3


●完成したバッグ


 写真の通りたくさんの方の参加があり、とても充実したイベントになりました!今回の「こども読書フェスタ」に参加してくれた子どもたちが、図書館は楽しいところなんだな、と感じてくれれば幸いです。


★図書館友の会が表彰されました!(平成26年2月16日)

 2月16日に緑地公園にて行われた「まちづくりフェスタ」において、図書館友の会の活動が表彰されました。図書館友の会は、紙芝居の補修やパネルシアターの制作などをしてくださっているボランティアグループです。平成12年に発足し、今年で活動14年目を迎えます。会員数は9名で、月に1度のペースで活動をしています。
 今回、その10年以上にわたる活動の功績をたたえられて、皆さんとても喜んでおられました。





* * * * *

現在、「友の会」の会員を募集をしていますので、このような活動に興味のある方は、ぜひ図書館までご連絡ください!


★貸出100万冊達成!(平成25年12月5日)

 12月5日(木)に開館19年目で、累計貸出冊数100万冊を達成しました!

 私たち図書館員は数日前から楽しみにしていて、その日は朝からそわそわしながら、「あと20冊…あと10冊…」と、その時がくるのを待っていました。

 記念すべき100万冊目の利用者は、藤井祐成くん(3)でした!この日は、お父さんと一緒に来館し、お気に入りの絵本を借りていました。
 館員に「おめでとう」といわれ、初めはびっくりしていた祐成くんでしたが、記念撮影の際には、得意げな愛らしい表情を見せてくれました。
 祐成くんには、これからもたくさん図書館を利用してほしいです。

●祐成くんとお父さん

* * * * *

 今回100万冊に到達できたのは、祐成くんのような小さい子どもからお年寄りまで、皆さんのたくさんの利用があったおかげです。そして、来年の開館20周年の節目を前に、このような良いニュースを届けられたことをとてもうれしく思います。

これからも、ますます町民の皆さんに利用される図書館を目指していきたいです!


★図書館・郷土館まつりを開催しました!(平成25年10月30日)

10月30日(日)に図書館・郷土館まつりを開催しました!
午前中は鹿児島県庁文化財課の前迫亮一先生による「瀬戸内町の戦争遺跡について」の講演会がありました。



多くの方が参加してくださいました。


午後からは「紙ずもう大会」がありました!
それぞれが選んだり折ったりした紙力士に四股名をつけて戦いました。



紙ずもう大会の後は「おはなし会」がありました。

パネルシアター「びっくりおいも」のようす。

そのほかにも、1階エントランスで「ブックリサイクル」を、館内で「ネリヤカナヤ創作童話コンクール作品展」を同時開催しました。
多くの方が訪れ、とても良いおまつりになりました!


★実久地区集合学習がありました!(平成25年10月15日)

 10月15日(火)に、実久地区の集合学習で薩川小と西阿室小の児童が来館しました。
子どもたちは、図書館のお仕事や利用の仕方についての説明を熱心に聞いていました。
その後、図書館を見学したり、「図書館・郷土館まつり」で行う予定の紙ずもうで遊んだりと、楽しそうな様子が印象的でした。